« お正月の孤独 | トップページ | お墓参り行きたかったけど »

2010年11月29日 (月)

誠実に生きるしかない

朝の練習ができなくなって、起き上がる気力がさらに減少した。寝床のなかで毎日長い間しょもないことでクヨクヨしている

昨日、若いガン患者さん達が再発の不安におびえながらも、懸命に生きているテレビ番組を見た。綺麗で若くて努力する才能もあって素晴らしかった。癌になって心の振幅も大きくなり、元気では気付かないことにも気づいて、素敵な歌ができていた。

けさの夢はムカ-シ婚約を破棄したかたと結婚話がでてきた夢。好きではなかったけど、結婚しなくちゃ、といったん婚約をしたものの、とてもできない、と1カ月前に断ったのだ。1カ月前でも結婚についてそのかたとなんの話もしなかった。ほんとに身勝手で申し訳なかった。でも、こんなオンナと結婚なんかしなくてほんとに幸せでしたね。どうかお孫さんにかこまれてお幸せに過ごされていらっしゃいますよう。                     高校の時、私はニキビがひどくて結婚はできない、と思っていた。ニキビは20才になったら消えたけど、心身暮らしの悩みは20も30も、いくらでも数えられた。でも若い頃はそれらを忘れて調子に乗っていた。仕事、付き合い、たくさんの人を傷つけ、数人のかたに傷つけられた。そのなかに両親も入っている。ま、だれにでもあることだ。                          64になって心身のそれらの悩みにさらに加齢による悩みが加わった。なさけないことだ。

今日はヴァイオリンの練習は教室の練習室ですることにするので、体操にも行けるわけだが、気力がない。

せめて、いまのわずかなお客様とお友達に誠実に接して、後悔少なく人生の終わりを迎えることができるよう。

|

« お正月の孤独 | トップページ | お墓参り行きたかったけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118460/50160709

この記事へのトラックバック一覧です: 誠実に生きるしかない:

« お正月の孤独 | トップページ | お墓参り行きたかったけど »